2018.12.17

宮野真守のナレーション初解禁! ついにクリスマスが盗まれる!?本編映像到着!!

この度、大泉洋さん演じるグリンチがクリスマスを盗むことを決意するシーンに加え、宮野真守さんのナレーションも初解禁となる本編映像が到着致しました!!

今回到着した映像は、巨大なクリスマスツリーの点灯式を邪魔することに失敗したグリンチが「俺は53年ずっと我慢してきたんだ。今年こそ、この手でクリスマスが来るのを阻止してやる…!でもどうやって…」と、驚愕の実年齢を告白しながらも、もうすぐ大嫌いなクリスマスがやってくることに思い悩むシーンから始まります。

2450_tpi_00003r

愛犬のマックスも不安そうにグリンチを見つめるなか、「そして思いついた恐ろしいアイデア。そのグリンチの素晴らしい恐ろしいアイデアとは…」と、宮野真守さんによる韻を踏むようなナレーションを挟みながら、グリンチはニヤリと悪意に満ちた顔に!!さらに、「あいつらのクリスマスを盗んじまうんだよ!俺様が!」と、村人が心待ちにするクリスマスを盗み出す決意をしたグリンチは、まるで主人公とは思えないほど貫禄十分な超悪者のオーラを漂わせる…!果たして、グリンチはどのような計画でクリスマスを盗み出すのか…?!そして、無事にクリスマスを阻止し、平穏な日常を取り戻すことができるのでしょうか…?

2450_fp2_00438r

『ロラックスおじさんの秘密の種』(12)以降イルミネーション・エンターテインメントの全作品でさまざまな役を演じてきた宮野真守さんは、本作では孤独なひねくれグリンチを優しく見守るナレーション役に抜擢!劇中のナレーションについてグリンチでのナレーションはいわゆる物語を説明するような堅苦しい感じではなく、グリンチの気持ちに寄り添ったような語り口になっています。原作でのリズム感のいいナレーションに合わせて、日本語吹替え版でも韻を踏んだようなナレーションとなっているので、心地よく聞いてもらえると思いますと、ほか作品のナレーションとは一風変わった本作ならではのこだわりポイントについて説明。本国版ではファレル・ウィリアムズが演じていることでも話題になっている役どころですが、宮野さんによるナレーションは、劇中でどのようにグリンチを見守り、グリンチの心のうちをどのように語ってくれるのか、ますます期待が高まること間違いありません!

宮野さんの韻を踏む心地よいナレーションにも注目しながら、グリンチの悪だくみの行方を是非劇場で見届けてください!